高山駅

高山
たかやま
 ← 飛騨一ノ宮
上枝 → 
所属路線JR高山本線
所在地岐阜県高山市
駅構造地上駅
ホーム構造2面3線
停車列車全列車
乗り換え

概要


1番線(改札側)

2・3番線

 高山駅はJR高山本線の半分くらいのところに位置する駅である。一帯の中心的な駅となっている。
 観光地・高山の玄関となる駅でもあり、すべての特急が停車し、多数の観光客が乗降する。普通列車は一部を除いてこの駅で折り返す。特急も当駅で折り返すものがある。
 ホームは、改札に直結している1面と、そこから地下道でつながっている島式の1面の、2面がある。特急列車は、すべて改札側のホームに停車するようになっている。


左側が降車客用の改札口、右側が乗車客用の改札口

 改札は、乗車と降車で分けられている。乗車改札口は待合室とつながっている。一方、降車改札口はすぐに外に出ることができるようになっている。また、列車別改札を採用しているため、待合室は列車を待つ人でにぎわう。


待合室(外側)

待合室(内側)

 待合室は外側と内側の二つに分かれている。内側の待合室には売店や駅弁店、みどりの窓口がある。一方、外側の待合室には椅子と自販機があるが、寒冷地のため、風除室の役割も兼ねているものと思われる。
 なお、駅弁店では、特産の飛騨牛をふんだんに用いた弁当などが売られている。

駅周辺


駅前

 駅前にはバスやタクシーが乗り入れる広場があるほか、観光案内所もある。
 駅周辺は高山市の中心市街である。役所のたぐいが集まっている。また、観光地であるため土産物屋もあるにはあるが、それほど多くなく、にぎわっている様子でもなかった。行った日が平日だったからか、観光するような場所はもう少しずれたところにあるからかはわからない。


古い町並み

 さらに、駅を東のほうへ歩くと、観光地として有名な古い町並みが見られる。「小京都」と呼ばれる所以ともなった、古い木造建築が軒を連ねている。

更新情報

・最終更新日:2015/07/15
・写真撮影日:2011/03/09

トップページ鉄道路線と駅JR東海>高山駅